ポケモンの分類について

こんにちはりくです。
皆さんは少なくとも無意識の内に大雑把に使っているポケモンを分類していることだと思います。
この記事はその分類について考察していきます。

まず僕はポケモンには攻め、受け、搦め手の3種類の役割があり、そこから各分野で更に細かく分類されると思っています。


まず攻めの分野について。

対面エース
6世代のガルーラが1番有名です。
対面有利から無起点で相手のポケモンを1.5匹以上持って行けるポテンシャルのあるアタッカーですね。
所謂対面構築と言われる構築はこういうポケモンをメインに据えて組まれています。
最悪の場合でも相手の起点にはされにくいです。

積みエース
バシャーモルカリオ等積み技のあるポケモンが該当します。
これは対面性能自体はそこまで高く無くても周りで起点を作り積み技や特性で能力値を上手く上げれば全抜きまで可能なアタッカー達です。
起点にされにくさは恐らくナンバーワンです。
逆に起点にします。

天候エース
ラグラージドリュウズなどの特定の天候下で無類の強さを発揮するポケモンです。
基本的に素早さや火力が上がりむちゃくちゃします。

自己完結型天候エース
リザYが主ですね。
言葉の通り自分で晴らして自分で利用します。
フルアタのふぶきAキュウコンなんかもここに入ります。

スイーパー
スカテテフ、スカアーゴ、フェローチェの様に耐久が高くなくとも条件が揃えば高いSで上から場を制圧できるポケモン達です。
火力はそこまでなくても周りで削りを入れ一環を作る事で太い勝ち筋を産むことができ詰め筋になれます。
ただし攻めの役割には珍しく、下手を打つと起点になり大きな負け筋も産みかねません。


次に受けについて。

純受け
ヤドランやクレセリアブラッキー等の相手の攻撃を確3以下のダメージで抑え高速回復を使いながら削りきる役割です。
火力はない事が多く起点回避の技が無ければ起点にされやすいポケモンです。

ハメ
宿まも輝夜グライオンなど状態異常や宿り木等を入れみがまもで倒すポケモン達。
状況を整えれば圧倒的な強さを誇ります。
ただし立ち回りを誤れば起点にされますし挑発に弱いことが多いです。
ゴチルゼルの様な逃げられなくしてハメてしまうポケモンもここに入れます。

流し
カバルドンなどクッションとして間に入り相手の交換を誘い、または強制し能力上昇をリセットさせる役です。
挑発が無ければ起点になりづらくステロと絡めて定数ダメージを相手に与える戦術にも使われます。

場作り
ランドロスやトリルポリ2等のそれなりの耐久で相手の攻撃を数発耐えてステロや壁などの有利な場作りをしていきます。
ふきとばし、ほえる等の流しと兼任させられているときや爆発の例外はありますが全体的に起点にされやすいです。
多くの天候始動要因もここに入ります。


最後に搦手について。

これはフワライドなどのバトン役やゲンガーやソーナンスなどみちづれやほろびのうたと影踏み、脱出ボタン等を利用した戦術をとるポケモンです。
ナマコブシのとびだすなかみも含めます。
他に分類のやりようがなかったのでここに分類しました。


以上が僕の考える分類です。
Aキュウコンやゴツメジャロ、弱保コケコの様な複数の役割を持つポケモンもいますがどの側面が1番強いかで役割付けするといいんじゃないかと思います。

もちろんこれが全てじゃありませんしもっと具体的で価値のある分類もあるかもしれないのでそこは自己判断でお願いします。

次の記事ではシーズン終わりに上位構築を対面構築、受けサイクル、積みサイクルに分けてだいたい何体ずつどの役割のポケモンが入っているかなんかを調べられたらな~なんて思います。

ちなみにオニゴーリオニゴーリです。
嘘です多分真面目に分類するならハメです。


なんか変なとこあったら教えてください。

独断と偏見で困るなってポケモン

リザードン

物理特殊わからん

ぐちゃぐちゃにされる

 

ルカリオ

物理特殊わからん

受けが成立しない

ガルドで大概見れるけどたまに剣舞地震してくる

 

カミツルギ

気づいたら重くなってる

 

アーゴヨン

敵を倒して速くなるな

 

ゲッコウガ

こいつはマジで宇宙

 

ポリZ

構築によってはテクスチャーZされた段階で詰む

たまにスカーフとか悪巧みとかしてくるのも困る

 

メタモン

なんか困る

 

バシャーモ

受からん

 

オニゴーリ

時間泥棒

 

フェローチェ

はやい

止まらない

 

カバルドン

ステロあくびやめて

 

ボーマンダ

おかしいけどこいつが今より強くて目立たなかった6世代のガルーラ環境はもっとおかしい

 

テテフ

メガネテテフはうからない

スカーフテテフはとまらない

 

コケコ

誰だよこいつに壁と瞑想与えたやつ

 

グライオン

めんどくさい

 

クレセリア

最速みがわり瞑想クレセにたまにボコされる

 

トリトドン

完全に私怨だけど自分によくくそ刺さっててボコボコにされる

 

ミロカロス

ビビリ玉勝気がこわい

毒が効かない受けはつよい

 

ゴチルゼル

キャッチされて降参

 

ゲンガー

気を抜くと滅びで試合が終わる

 

カビゴン

最近はやってて困る

普通のならまだいいけど免疫はやめて

 

 

 

 

 

 

 

Through the Looking-Glass, and What Latias Found There


↑サムネ用
めいさん(@kaki_tama282)に描いてもらいました!
とても素敵なイラストありがとうございます!
めいさんは他にも素敵なイラストを描いていらっしゃるので是非Twitterでそちらも見てみてください。

並びに今回紹介する型は原案として僕が使っていたものをルシャくん(@DOKU_MAMO_2)やえみつきくん(@ ‪@fleurLune_ ‬)と一緒に煮詰めたものです。
協力ありがとうございました。
ルシャくんは初2000おめでとう🎊

さて今回紹介するのは鏡の国のラティアスです。

まず簡単に型と調整の説明です。

メガラティアス

性格 臆病

努力値振り
H156B102S252

めいそう
はねやすめ
ミラータイプ
なみのり

仮想敵
グロス、カグヤ、ヒードラン
バシャーモランドロス
特殊アタッカー全般
オニゴーリ

やる事は単純で上から相手のタイプを取って起点にするか自身の耐性を活かして起点にするかです。

グロスは意地なら上からミラータイプで完封、陽気最速で上を取られてもれいとうパンチ→ミラータイプ→かみなりパンチ→はねやすめで受けきれます。
さらに言えば同速なのでこうなることは最悪の場合で基本はもっと楽に受ける事が可能です。

ドラン等の毒を持っている可能性がある相手に対しては型がわかるまで後投げは控えた方がいいです。

相手のポケモンの欲しいタイプを上手く引きずり出して奪うという考え方が使うコツだと思っています。

と、まぁここまでは普通のミラータイプラティアスの記事ですが本題はここからです。

実はこのポケモンオニゴーリ軸の選出に強いです。
簡単に言えばオニゴーリを起点にしてしまえるんですね。

基本的な流れはこうです。

初手の起点作りしてくる相手のポケモンに自分の1匹目を犠牲にして起点を作らせます。

その後オニゴーリの身代わりに合わせてこいつを投げてミラータイプからめいそうを連打します。

ppの問題でどう足掻いても相手側は勝てないのでどこかで引いてきます。
(ミラータイプ後特攻特化オニゴーリのc6↑フリーズドライ急所で58.2~68.5%)

そうなれば後はなみのり押してるだけで勝てます。

ちなみにクレセリアが4↑で確定2発、テッカグヤが3↑で確定2発です。
これを覚えておくと得する事が多いので使う際は覚えておきましょう。

こいつの1番の強みは他のポケモンのついでにオニゴーリを見れる事と読まれにくいことです。

受けサイクル気味の構築に入れてバシャやグロスと一緒にゴーリまでみれるのは便利だと思います。

なみのりの採用意図は現環境に水技の通りがいいということ、最低限の火力があること、ppが多いということ、ランドやドリュウズに対する遂行速度が速いということ、の4つです。

ランドロスはせっかく鋼を起点にしても撃ち落とすから地面Zで大打撃を与えてくる型がいる点、ドリュウズは型破り地震を撃ってくる点とつのドリルを持っている点から迅速な処理が求められます。

そこで技がなみのりであれば瞑想を1積みから2確はほぼ取れるので採用していました。


簡単な説明でしたが使ってみればとても強い事が実感できると思います。
是非使ってみてください。

質問等あれば僕の分かる限り答えるつもりですので気軽に聞いてもらえると助かります。



ここから先は僕が普段使ってるフリーザー軸について書きます。
身内関連の話題も含みますので興味のない方はここでブラウザバック推奨です。

さて、フリーザー軸ですがなかなか思うように潜れない事もあって結果は出せてません。

今季も序盤はそこそこ良かったのですが

ここで頭打ちになってしまい低迷してしまいました。

手を変え品を変えやっていくなかで今季本格的に試してみたのはいじっぱりフリーザー(@giak_poke考案)を使ってみる事でした。

ゴッドバードzの火力でテテフやメガゲンガー、更には後投げしてくるリザードンまで破壊できるのは一重に魅力でしたがやはりzを撃ち終えた後の扱いに困ると言った1面もあり、性能の評価としてはピーキーであると結論づけました。

いじっぱりフリーザーに関しては今季を通してそれなりの知見と使用感を持っているつもりなので質問等あればいつでもお答えします。
その節ではべすらいむさん(@bsraim_boke)にもお世話になりました。

さてここで問題となったのがオニゴーリの相手を誰でするか、です。
今まではねやすめのあるフリーザーを使ってきていた為あまり考えた事がなかったオニゴーリ対策ですがいじっぱりとなるとはねやすめは当然入って来ませんので困りました。

そこで白羽の矢が立ったのがバシャも相手に出来つつオニゴーリに強く出れるこのラティアスです。
実際かなり活躍してくれました。
このポケモンはこれからも使っていきたいですね。

以上フリーザー軸の雑記でした。

ここまで読んでくださった方々のご健勝を祈っています。

大会のパートナーズ紹介と日程、トーナメントについて

1.べすらいむ
イーブイカバルドンリザードン
カプ・コケコ、メタグロスゲッコウガ
一言 -我帰還也、輪廻巡、我了闇魅深淵-

2.えみつき
ブラッキーマリルリフーディン
リザードンガブリアスメタモン
一言 氷の庭園には月光がよく映える

3.ルシャ
クレッフィ、ファイヤー、サンダー
ガブリアスジャローダ、ゲンガー
一言 フリーザーはジョーカーズから出します( ^ω^ )

4.ドロシー
ミミロップカプ・レヒレヒートロトム
ランドロステッカグヤ、ゲンガー
一言 膝、当てにきました

5.くー
カバルドンルカリオリザードン
ゲッコウガミミッキュキノガッサ
一言 リザグロスの劣化スタン

6.かっつん
マンムーボーマンダカプ・レヒレ
クチートジャローダミミッキュ
一言 光ルシャ杯ボロ負けしたので目標はとりあえず一勝です。

7.ぷる
ボーマンダ、ゲンガー、ギルガルド
カバルドンゲッコウガカミツルギ
一言 構築名は「天涯孤独カバマンダ」です

8.まいつきかきん
チラチーノヤミラミオニシズクモ
デンジュモクノクタスリザードン
一言 弱いポケモンで勝ちます

9.めい
バンギラスランドロスフェローチェ
ゲッコウガ、ゲンガー、カプ・テテフ
一言 「劣勢がなければ、逆襲は始まらない。」

10.といこ
サメハダーキノガッサポリゴンZ
ミミッキュバシャーモジャラランガ
一言 俺は鉢巻キノガッサで世界を掴む!!!

以上の10名です。

対戦日程は今のところ5日、12日、20日、26日を予定しています。都合が悪い等あれば主催に1報頂いてから日程を調整します。

対戦の時間につきましては夜10時を一応の基準にしますが対戦相手の方と話し合って都合がつけばいつでも構いません。
ただし夜1時までには対戦を済ませ勝敗を決しておいてください。

勝敗の報告は勝者が私にDMでお願いします。


トーナメントはこちらで乱数を使い決めさせていただきました。

最後に対戦期間中はアカウントの鍵をできるだけ外し、できるだけ対戦相手と連絡が取れる状態を保って頂きたいと思います。
ご協力よろしくお願いします。

氷りく杯開催のお知らせ

今回大会を開催させて頂こうと思っています。
りくという者です。

ポケモンと言えば状態異常の氷という事で大会名は決めさせて頂きました。
(主催は一切Twitterのアカウント凍結とは縁がありませんので勘違いありませんように!)

なぜ開いたのか。
それは開きたかったからです。
他に理由はありません!!!!

それでは今大会のレギュレーションはこちらです。

まずは主催に6パートナーズと5ジョーカーズを提出して頂きます。
こちらの紹介は後で行います。

その後育成期間を設け第一戦を行います。
その際使うパーティのメンバーは6パートナーズの6体、もしくは6パートナーズから5体と5ジョーカーズから1体になります。
バトル形式はシングルフラットです。

その後また育成期間を挟み第二戦を行います。
その際使うパーティも第一戦同様のレギュレーション内で決めてもらいます。

これを決勝まで繰り返します。

あまり長くなっても困るので参加メンバーは最大でも32名で締切ります。

(あんまし少なくても寂しいけどぶっちゃけそんなに集まらんでしょ)

次に6パートナーズの説明になります。
制限としては特にありません。
シングルフラットで使えるポケモンは好きに使ってもらって構いません。
これは主催に提出後全体公開されます。

最後に5ジョーカーズです。
こちらに入るポケモンはメガ枠、z枠は原則禁止とします。(メガタブンネメガチルタリスメガハガネールは使用を許可)
さらに特性にムラっけ、へんげんじさいをもつポケモンも禁止とします。
こちらは提出後も伏せられたままです。
何かしらの不備不正が発覚した場合は5ジョーカーズ抜きでの再試合をしてもらいます。
2度続けて不正の場合は失格とします。
2度続けて不備の場合は主催を交え当事者で話し合いをしどうするか決めますが最終的な決定権は主催にあるとします。
不備と不正の判断も主催がします。
最後に5ジョーカーズは試合で使った場合に限り次の試合の準備期間前に公開されます。

パートナーズ、ジョーカーズ共通のルールとしてロトム各フォルムとRフォルムは別のポケモンとして扱います。

注"ボルトロスランドロスは登録してもらえれば両方使用可能です。"

ただし戦闘ルールがフラットの為別フォルム体の同時使用は不可能となります。

優勝者には以下を贈呈。
親名うみのアローラマーク付き色違い個体。
孵化個体となりますので孵化が不可能なポケモンは不可。
ボールの指定は可能なボールであればなんでも大丈夫です。
入手がbwのドリームワールドのみのポケモンは申し訳ないですが不可とします許してください。
ただし親個体を用意して頂ければ色孵化はやります。

大会の形式上主催は参加しません。

日程は参加者が集まり次第の調整となります。
8月末までには必ず終わらせます。

沢山のご参加お待ちしております。
6パートナーズ紹介の際、一言をdmに送り付けて下さった方はパートナーズと共に掲載します。(大喜利待ってます。)

参加希望とパートナーズ、ジョーカーズはDMに送ってください。

参加申請の期限は7月29日までとします。

闇べす杯の感想

皆さんお久しぶりです!!

今回僕は光栄なことに闇べす杯のギセイシャとして選ばれる事になりました。

ルールはマルチバトルという事でパートナーはハイロさん(‪@hilovolt_poke )‬を誘わせてもらいました。

ここには理由がありましてこの大会は所謂身内大会です。
つまりそれはある程度互いに手の内を知った状態での戦いとなることを意味します。

そんな中ハイロさんは比較的最近べすさん含む闇べす参加者のほとんどとコンタクトを取りはじめたのでメタを張られにくいというアドバンテージを抱えたプレイヤーだったのです。

ハイロさんの紹介とパーティについてはこちら
https://t.co/CC1H0OT8Ai


僕のパーティはこちらです

はい、まぁ地雷原みたいなパーティですね。
順を追って説明します。

これを組むに当たってまずハイロさんからDMでテテフグロスサンダーを使おうと思っているとの話を聞きました。
そうであればこちらで辛い相手をどう崩すかを考えなければならないと考え、真っ先に出てきた課題がトリルパーティです。

これかなり難しいんですよね。
ハイロさんが中速ポケ多めでしたので僕側でどんだけ頑張ってもトリルを止めるのはなかなか至難の技です。

であれば、トリルしたくないパーティ組めばいいじゃまいか。

アシレ、ドサイをエースにしミミ、ポリでトリルを張るそんなパーティに初見では見えると思います。

そう思ってしまえばバンギもsに下降かけたものに見え、トリル失敗時にリザで誤魔化すといった形にミスリードを誘えると思います。

トリルパ相手にトリル張って相手に乗っからせようと思いますか?
普通は思わないでしょう。
これはトリルをさせないためのトリル偽装です。

実態としてはアシレーヌはスカーフ巻いてハイパーボイスを押し付ける枠。
バンギは緊張感で半減実を不発にさせ調整を崩す枠。
ドサイドンはどう考えても強いコケコやサンダー、ライボルト等の技を止められるポケモンで有利を取れば相方に1ターン行動猶予を与える枠として採用しています。

ポリミミのトリルはトリル返しする為の技です。

実際の試合ではバンギに出番はありませんでしたがアシレはおいかぜ下でかなり通せた試合もありましたしドサイドンは最後の試合こいつがいたから勝てたぐらいの勢いでした。
後ほどbvコードを貼ります。

とても楽しい大会でした。
結果も勝率トップタイで直対負けていた為2位でしたがそれでもなかなかいいものでした。

僕達の試合はどれも接戦で面白いものだったと胸を張って言えるのでぜひ良ければ全部見てください。

第1試合 Z3SW-WWWW-WWWK-6FZS

第2試合 E3QW-WWWW-WWWK-4AQF

第3試合 K9JG-WWWW-WWWK-4ASW

第4試合 XMVW-WWWW-WWWK-4AU9

第5試合AMSW-WWWW-WWWK-4AVH

さて、相棒やってくれたハイロさん、運営してくれたべすらいむさん、大会参加者さん方そしてここまで見てくださった皆さんありがとうございます。

今季からまたフリーザー2000目指してやっていくので暖かく見守ってください。




最後に!追加合格!!頼む来てくれぇぇぇ!!

ポケモンレートにおける僕の考え方

この度大変不本意ながらポケモンから手を引く事になってしまったので自分がどんな事を考えて構築を組んだり対戦を行なっていたかメモという形でここに記します。
僕はこのゲームのセンスがある方ではないのでかなり工夫を凝らしてやっています。
他の方の参考にもなれば幸いです。

・待とう!!

これは僕の勝手な考えですがシーズン序盤はいろんな構築やレート帯の方が入り乱れているので正直やりにくいです。
少なくとも半分が経過するまでは使いたいポケモンの育成をするなり適当に他のゲームでもやるなりしてまったり過ごしてください。

・相手を知ろう!!

まずレートに潜るパーティを決める前に適当に使いたいポケモン寄せ集めて1600〜1800くらいまでを長〜くうろちょろします。(だいたい100戦前後)
その間相手のパーティの写真を残します。
(上位の人や有名な人に当たったときは印象に残った事やどんなプレイングをしてきたかもメモに残します。)

・構築を組もう!!

ここまでやってやっと構築を組みはじめます。

まずは軸になるや使いたいポケモンを決めましょう。
僕の場合はこれがフリーザーになります。
絶対に1匹に絞ってください。
これは大事な事です。
たくさんにすると上手い人は別ですが少なくとも僕には無理です。

そして次に軸に決めたポケモンで対面から勝てない相手を事前に撮っておいた写真100枚前後から探してください。

そしてそれらを"'後投げから"'倒せるポケモンを用意します。

この枠はだいたい1〜2体です。多くても3体です。
2枠は残さないと後々辛くなります。
残り4〜2枠でパーティを客観的に見て足りない要素を足します。
ちょっとした奇形を1〜2体入れると上手く行く事が多いし面白いですよ。
ただし1枠は開けておいてください。
パワーが足りなければ高火力ポケモンを。
速さが足りなければ高速アタッカーを。
硬さが足りなければ受けポケモンを。
ここが楽しいところです。
いろいろ考えましょう。

そして5匹のパーティが組めると思います。
その5匹で辛いポケモンや並びをもう一度写真から探します。

最後の1枠は見つけた辛いポケモンの選出を抑制ができるポケモンを入れてください。
ここは奇形ではダメです。
相手が""こいつ嫌だな""と思う事が大事なのです。いわゆる見せポケの役割です。

ここまでやるとひとまずパーティが完成します。

・実戦しよう!!

これでまず50戦くらい潜ってください。
そうする事で相手の行動がだんだんわかってきます。
そして3タテされたときに相手側のポケモンをメモします。

そして最後の見せポケの1枠をメモしたポケモンを止められるポケモンに変える事を考えてください。

それで両方使ってみてより勝率が高くなる方を選んでください。

もちろん対戦する時は撮った写真やメモはフル活用してくださいね。
同じ人にマッチングすれば情報のアドバンテージは大きいですから。

・対戦時に考えるポイント

基本は安定行動を取り続けましょう。
そういうパーティが組めているはずです。
しかし確実な有利対面では徹底的に相手の裏を見通して技を選択してください。
それをやれるだけのデータは写真とメモをとる段階で集まっているはずです。

ここまでやれば殆どの人は勝率は7割近くなると思います。
後は試行回数を稼ぐ事が大切です。

つまり対戦回数を重ねてレートをあげましょうってことです。

どんなに上手く組めていてもやらなきゃレートは上がらないんです。
自分が組んだパーティを信じて潜り続けてください。


これは僕個人のやり方であって万人に適用される様なものではないかもしれません。
ですが少なくとも僕はこうやってやっています。
皆さんのポケモンライフに少しでも貢献できれば幸いです。


ここまで見てくださってありがとうございました。

みなさんお元気で。
来年以降にまたレートでお会いしましょう。